リンの摂り過ぎも虫歯の原因に?

(2016年11月) "The Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology" に掲載されたハーバード大学などの研究によると、糖類だけでなくリンの摂り過ぎも虫歯になりやすい原因となるかもしれません。
この「リン」とは、ミネラルの一種で植物の3大肥料の1つに数えられるリンのことです。 元素記号はP。
研究の方法

平均年齢10才ほどの子供 8,317人の食生活や虫歯の有無などを調べたデータを分析しました。

結果

糖類の摂取量が多い場合だけでなく、リンの摂取量が多い場合にも虫歯である率が高いという結果でした。 糖類の摂取量が少なくリンの摂取量だけが多い場合にも虫歯率が高くなっていました。

ビタミンD

この研究ではビタミンD摂取量と虫歯の関係も調べました。 ビタミンDが虫歯予防に有効であるという研究もありますが、今回の研究ではビタミンD摂取量と虫歯率との間には関係が見られませんでした。

結論
この結果に基づき研究チームは、虫歯を予防するうえでは糖類だけでなくリンの摂取量も減らすようにすべきだと述べています。 リンは、食品の保存料や安定剤としてプロセスチーズや、清涼飲料水、ベーコン、ソーセージなど様々な加工食品に添加されています。