閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

糖尿病患者が運動量を100分/週増やすと血糖値はどの程度下がるのか?

(2017年8月) "Acta Diabetologica" 誌に掲載されたメタ分析で、身体活動により血糖値がどの程度下がるのかが調査されています。

メタ分析の方法

糖尿病患者(1型を含む)が一定期間にわたり身体活動をする前後で血糖値を比較した125の研究(*)のデータを分析しました。
(*) 2015年12月までに発表されたランダム化比較試験。

結果

次の結果となりました:
  • 1週間あたりの身体活動量を100分増やしたときの血糖値低下幅は、空腹時血糖値(105の研究のデータに基づく)で-2.7mg/dl、HbA1c値(76の研究のデータに基づく)で-0.14%だった。
  • 2型糖尿病と糖尿病前症に限ると、身体活動量を100分/週増やしたときの低下幅は、空腹時血糖値(56の研究のデータに基づく)が-4.71mg/dl、HbA1c値(60の研究のデータに基づく)が-0.16%だった。