幸いなるかな「最新健康ニュース」を見つけた者は。 このサイトは Google 検索に嫌われているからして、いつまた巡り会えるともわからぬ。 ぬかりなく当サイトをブックマークに入れ毎日訪問するがよかろう。

LDLコレステロール値を下げる「フィトステロール」の上手な摂り方(レビュー)

(2018年9月) ユニリーバ社の研究グループがフィトステロールの効果的な摂り方についてまとめたレビューを "Nutrients" 誌に発表しています。

フィトステロールとは

フィトステロールとは、植物性食品に含有される「植物(性)ステロール」と「植物(性)スタノール」のことです。 フィトステロールはコレステロールに構造が似ていますが、LDLコレステロール値を下げる効果が認められています。

フィトステロールは、野菜油(精製度が低いもの)・野菜油を用いたマーガリン・種子類・ナッツ類・穀物製品・野菜・豆類・果物に含有されています。 オレゴン州立大学によると、フィトステロールを豊富に含有する食品は大豆・えんどう豆・ナッツ類(ピスタチオ/カシュー・ナッツ/マカダミア・ナッツ/アーモンド)・オレンジ・バナナなどです。

一般的な人のフィトステロールの摂取量は200~400mg/日ほどです。 ベジタリアンの場合には600mg/日に達します。

レビューの概要

  1. これまでの研究によると、フィトステロールを1.5~3g/日ほど摂ることによりLDLコレステロール値が7.5~12%ほど下がる。

    1.5~3g/日という量のフィトステロールを摂るには、フィトステロールが強化された食品(マーガリンや乳製品など)を利用するしかない。 フィトステロール強化食品は一食分あたり0.75~2gのフィトステロールを含んでいる。
  2. フィトステロールを人為的に添加した食品にもLDLコレステロール値を下げる効果は認められている。 ただし、フィトステロールの添加に関わる一部の要因(例. 添加先が液状食品か固形食品か)によりフィトステロールの効果に差が生じるようである。
  3. フィトステロール(の健康食品やサプリメント)は、①充実した食事(朝食を飲み物だけで済ますなどではない)と同時に、②1日2回以上にわたり摂取すると、LDLコレステロール値を下げる効果が強くなるようである。
  4. フィトステロールのLDLコレステロール値降下効果に年齢は影響しない。 性別は影響するかもしれない(女性よりも男性のほうがフィトステロールの効果を得やすい)が、この点に関しては研究間で結果が一致していない。