閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

閉経後には太るのではなく、お腹に脂肪が付きやすくなる

(2013年5月) 国際閉経学会(International Menopause Society)が行った調査によると、閉経が原因で太るという認識は誤りで、実際には閉経後にお腹周りにお肉が集まるようになるだけです。

女性ホルモンのエストロゲンの減少によって体脂肪の分布が変化し、お尻からお腹に脂肪が移動するのです。 閉経後に体重が増えたとしても、それはホルモンの変化が原因ではなく、したがって閉経のせいではありません。

つまり、閉経後には、最初に脂肪が付き始めるのもお腹の周囲だし、ダイエットで脂肪を減らしても最後に残るのがお腹周りの脂肪だということになります。 なので、体から一切の余分な脂肪を無くしてしまわない限り、お腹周りの脂肪も無くなりません。