閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

閉経後の肥満女性は睡眠時間が長いと肝臓ガンになるリスクが高い

(2017年9月) "Journal of Women's Health" に掲載されたベイラー医科大学の研究で、閉経後の女性は肥満している場合に限り睡眠時間が長いと肝臓ガンになるリスクが高いという結果になっています。

研究の方法

米国に住む閉経後女性14万人弱を対象に、睡眠に関するアンケート調査を行った後14年間ほどにわたり肝臓ガンの発生状況を追跡調査しました。

結果

追跡期間中に175件の肝臓ガンが発生しました。

睡眠時間が6~8時間のグループに比べて、睡眠時間が9時間以上の肥満女性は肝臓ガンのリスクが3倍超でした。

肥満でない女性では、睡眠時間が長くても肝臓ガンのリスクは増えていませんでした。 睡眠時間が5時間以下と短いグループでも肝臓ガンのリスクは増えていませんでした。