ジャガイモの摂取量が多い女性は膵臓ガンになりやすい恐れ

(2018年6月)"British Journal of Nutrition" に掲載されたトロムソ大学(ノルウェー)などによる研究で、女性に限りジャガイモの摂取量が多いと膵臓ガンになるリスクが高いという結果になっています。

ジャガイモはグリセミック指数/負荷が高い食品であり、これまでの研究でジャガイモの摂取量が多いと複数の慢性疾患やガンのリスクが増加ことが示されています。

研究の方法

北欧に住む男女11万人超を対象に、アンケート調査で食生活などの生活習慣を調べたのち平均11.4年間にわたり膵臓ガンの発生状況を追跡調査しました。

結果

追跡期間中に221件の膵臓ガンが発生しました。

男性ではジャガイモの摂取量と膵臓ガンになるリスクとの間に関係が見られませんでした。

女性では、ジャガイモの摂取量が最大のグループは最少のグループに比べて、膵臓ガンになるリスクが2倍に増加していました。

ジャガイモの摂取量が多いほど膵臓ガンのリスクが増加するという関係は見られませんでした。

留意点

今後もっと大規模な調査を行って今回の結果を確認する必要があります。