妊娠中の抗鬱剤使用で生まれる子供が自閉症になるリスクが増加

(2015年12月) "JAMA Pediatrics" に掲載されたモントリオール大学の研究で、妊娠中に抗鬱剤を使用すると生まれる子供が7才までに自閉症になるリスクが大幅に増加するという結果になりました。

研究の方法
145,456人の子供のデータを調査しました。 データには自閉症(*)の有無や母親の抗鬱剤の使用状況などのほか、自閉症の家族歴・母親が出産したときの年齢・母親の抑鬱の有無・貧困の有無などの情報が含まれていました。 これらはいずれも自閉症のリスク要因です。
(*) 小児自閉症、非定型自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害

母親が妊娠13週目以降に1種類以上の抗鬱剤を処方された場合に「子供が胎児のときに抗鬱剤に暴露した」とみなしました。 妊娠13週目以降というのは、胎児の脳の発達にとって非常に重要となる時期です。

結果

自閉症と診断された子供の数は 1,054人。 診断時の平均年齢は4.5才でした。

2つのグループ(*)を比較したところ、(母親が抗鬱剤を使用していたグループで子供が自閉症になる)リスクが87%高くなっていました。 精神科医または神経科医により自閉症と診断された子供に限って分析しても同様の結果でした。
(*) おそらく、母親が抗鬱剤を使用していたグループと使用していなかったグループ。

自閉症リスクの増加は、母親がSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)系の抗鬱剤を服用していた場合に顕著でした。

コメント
研究者は次のように述べています:

「胎児の脳が発達している時期に抗鬱剤を服用すると生まれる子供が自閉症になるというのは、生物学的な観点から考えても筋が通っています」

「SSRI系などの抗鬱剤はセロトニンを阻害することで作用しますが、細胞分裂・ニューロンの移動・細胞の分化・シナプス形成などの出産前後に生じる発達プロセスにはセロトニンが関与しているため、抗鬱剤が胎児の脳の発達と適応に悪影響を及ぼす可能性が考えられます」
UH Rainbow Babies & Children's Hospital(米国)の Max Wiznitzer 医学博士は、今回の結果に関わらず必要に応じて抗鬱剤の服用を続けるべきだと述べています:

「妊娠13週目以降に抗鬱剤に暴露された胎児の圧倒的大部分は自閉症を発症しません。 抗鬱剤の使用に関わらず生まれる子供が自閉症にならない確率が極めて高いのです」

「さらに、抑鬱の放置も妊娠に悪影響を及ぼします。 血中で増加するストレス物質に胎児が暴露されたり妊娠合併症のリスクが高まったりします。 また出産後の育児においても、抑鬱によって母子の心理的なつながりが適切に形成されない恐れがあります」