閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

妊娠中の喫煙により、生まれた女児が生殖器系のガンになるリスクが増加

(2015年3月) "Human Reproduction" 誌に掲載されたオーストラリア国立大学の研究によると、妊娠中に喫煙すると、胎児が女児の場合にのちに卵巣ガンや乳ガンになるリスクが増加すると思われます。

この研究でオーストラリア人の女の子 1,500人のデータを分析たところ、妊娠中の大部分の日に喫煙をしていたとアンケートで回答した女性から生まれた女児は初潮を迎える時期が早かったのです。

研究者によると初潮が早いということは、女性の一生のうちに発生する月経サイクルの回数が多いということであり、それゆえに(おそらくエストロゲンなどのホルモンへの暴露が増加するために)生殖器系のガンのリスクが増加します。