乳酸菌のサプリメントで高齢女性の骨の減少ペースが半分に鈍化

(2018年6月) "Journal of Internal Medicine" に掲載されたヨーテボリ大学(スウェーデン)の研究で、乳酸菌の一種であるロイテリ菌により高齢女性の骨が減少するペースが半分に落ちるという結果となりました。
Anna G. Nilsson et al. "Lactobacillus reuteri reduces bone loss in older women with low bone mineral density – a randomized, placebo‐controlled, double‐blind, clinical trial"

研究の方法

75~80才の高齢女性70人を2つのグループに分けて、一方のグループにのみロイテリ菌の一種である「ロイテリ6475菌(Lactobacillus reuteri ATCCPTA 6475)」のサプリメント(*)を1年間にわたり毎日服用してもらいました。
(*) ロイテリ菌の含有量は1010CFS。

結果

ロイテリ菌を服用したグループは服用しなかったグループに比べて、1年間における骨密度の低下幅が半減していました(非服用グループ:-1.86%、服用グループ:-0.93%)。

ロイテリ菌の服用による深刻な副作用はありませんでした。