耐性菌への院内感染を防ぐ方法

抗生物質が効かず、ほとんど治療法が存在しない耐性菌は、他の場所よりも病院に多く存在します。 抗生物質を服用している人が多いうえに、使用する抗生物質を別のものに切り替えることもありため、耐性菌が発生し易いのです。

以下は、入院患者が耐性菌に感染しないための予防手段です:

  • 入院中は頻繁に手を洗う。
  • 見舞い客が病室内に入ったときに手を洗ってもらう。
  • 医師や看護士など病院のスタッフにも、自分に接触する前に手を洗ってもらう。
  • 手を洗うときには、石鹸やハンド・サニタイザーを使う。

結局、手洗いしかないというわけですね。対インフルエンザ用の正しい手洗いの仕方が、耐性菌にも有効かもしれません。

専門家によると、看護士などのスタッフが耐性菌の感染源として最大だそうです。 一人の患者の世話をするごとに手洗いをするわけではないためです。 ですので、自分の世話をする前に手を洗ってくれるように頼むべきだそうですが、なかなか頼みにくいですね。 患者の世話をするごとに手を洗うように、院内規則か法令で義務付けてくれれば良いのですが。