「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

精神的ストレスで消化不良のリスクが増加

(2017年1月) "European Journal of Gastroenterology & Hepatology" に掲載されたオールボー大学(デンマーク)の研究によると、ストレスはやはり消化不良(dyspepsia)(*)の一因かもしれません。
(*) お腹の上部の痛み・不快感、胸焼け、胃酸の逆流、吐き気、嘔吐などが数週間以上にわたり続くという症状。
研究の方法

16才超のデンマーク人男女1万6千人ほどを対象に、ストレスに関するアンケートを実施し、ストレスの程度に応じてデータ全体を5つのグループに分けました。

そして、その後の33ヶ月間のうちにPPIまたはH2ブロッカーを処方される事態に陥るリスクをグループ間で比較しました。
(*) 胸焼けの薬。 消化不良の治療に一般的に用いられる。
結果

33ヶ月間におけるPPIまたはH2ブロッカーの処方箋が使用された件数は 2,703件でした。

様々な要因を考慮しつつ計算したところ、ストレスの程度が最も少なかったグループに比べて他の4つのグループでは、PPIまたはH2ブロッカーの処方箋を使用することになるリスクが次のように増加していました。
  • ストレスが最も強かったグループ: +30%
  • ストレスが2番目に強かったグループ: +20%
  • ストレスが3番目に強かったグループ: +21%
  • ストレスが4番目に強かったグループ: +16%