閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。

引用・転載をするときのルール

言葉の定義
  • 当サイトのいずれかの記事の一部分を複製することを 「引用」 と言います。
  • 当サイトのいずれかの記事の全部または相当な部分を複製することを 「転載」 と言います。 リライトも「転載」と看做(みな)されます。
    リライトとは例えば、段落の順序を入れ替える・同じ意味を持つ別の言葉に置き換える(例えば、"米国⇒アメリカ" など)・文体を変えるなどの姑息な行為を指します。
  • 「転載」または「引用」のうち、下記の「引用・転載のルール」のいずれかに違反するものが「無断転載」となります。
引用・転載のルール
  1. 当サイトの記事を「引用」する場合には必ず、引用元として引用元となる記事のURLを明記してください。
  2. 当サイトの記事を「転載」する場合には必ず、転載元となる記事への有効な(rel="nofollow" を使うなどしていない)リンクを張ってください。
    転載先が(電子版ではない)出版物である場合には、転載元にあたる記事のURLを出典として明記してください。
  3. 当サイトへの有効なリンクの有無に関わらず、SNSや "Naver まとめ" といったサービスへの「転載」をしないでください(引用は可)。
無断転載への対処の内容

上記のルールを守らない「無断転載」は、DMCAという米国の法律に基づく申し立てにより Google と Yahoo の検索インデックスから削除されます。

このようにしてインデックスから削除されたページが存在するサイトは、検索エンジンによるサイト全体の評価が著しく落ちることが知られています。 DMCAの申し立ては認められないことも多いのですが、私はDMCAでインデックス削除を行うのがとても上手です。

Facebook への「無断転載」の場合には、Facebook の運営者に連絡してコンテンツを削除して頂いています。

「最新健康ニュース」の実情

「最新健康ニュース」は、ニュース記事というコンテンツの性質のためかSEO的に弱く、検索エンジンからのアクセスがあまりありません。 アクセスの大部分をリピーターの方々やリンク経由のユーザーに依存しています。

私の日々の作業の主体が「新しく発表された研究の中から一般向けのものを探し、それを日本語の記事にする」ことにあるため、SEO的に有利となるようなコンテンツを作る余裕もありません。

こうした理由で「最新健康ニュース」がSEO的に弱いために、せっかく人の役に立ちそうな情報を提供しているのに、その情報を必要とする人の目に触れず埋もれているというケースが多分にあり残念に思っています。

そのように「最新健康ニュース」に埋もれている有益な情報を、SEOに強いキュレーション・サイト等で有効活用して人目に触れさせて頂けるのは有り難いことです。

しかし、そうしたキュレーション・サイト等が「最新健康ニュース」のコンテンツを利用するだけで利益の還元(バック・リンク)をしてくれないのでは「最新健康ニュース」が存続できません。 「最新健康ニュース」は、新しく有益な情報を求めるサイトと相利共生の関係にありたいと考えています。