閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

携帯電話が頭痛や疲労感などの原因に?

(2015年7月) "Electromagnetic Biology & Medicine" 誌に掲載された論文によると、携帯電話やインターネットの無線LAN接続などから出る低強度の(弱い)高周波(ラジオ波)であっても、長期間にわたってさらされることで頭痛・疲労感・皮膚の痒み・ガンなどの原因となる可能性があります。

2011年に国際がん研究機関(IARC)が高周波に「ヒトに対する発ガン性の疑いがある」としていますが、高周波によりガンが生じる分子的なメカニズムが不明であるために高周波のリスクがあると断定されていませんでした。

今回の論文では、弱い高周波が生きている細胞に与える代謝的な影響を調べた実験のデータを調査し、そのメカニズムが酸化ストレスによるものである可能性を提示しています。

酸化ストレスとROS

酸化ストレスとは活性酸素種(ROS)と抗酸化物質のバランスが崩れた状態のことで、糖尿病・高血圧・加齢によるガンなどのリスク要因であると考えられています。 ROSは細胞が有害な環境にさらされたときに作られますが、通常の無線放射(wireless radiation)によっても作られる可能性があります。

高周波

高周波(radiofrequency radiation)とは、電磁スペクトル(あらゆる電磁波の周波数帯域)のうち周波数が30キロヘルツ~300ギガヘルツのものを指します。 日本の携帯電話の周波数は700メガヘルツ~2ギガヘルツです。

マイクロ波

高周波のうち周波数が最も高い(300メガヘルツ~300ギガヘルツ)のものがマイクロ波(microwave)です。

低強度の高周波
低強度の高周波とは、高周波のなかでも生体組織にほとんど熱を生じさせない程度の強度であるものを指します。 したがって、国際非電離放射線防護委員会(非電離放射線が生体に与える影響について調査し、曝露限度に関する国際的な指針を策定する。「ICNIRP」)が定める基準に満たない強度の周波数であっても低強度の高周波には該当します。