赤身肉をよく食べる女性は顔のシワが多く、フルーツ好きの女性はシワが少ない

(2018年4月) "Journal of the American Academy of Dermatology" に掲載されたエラスムス医療センターなどの研究で、女性に限り食生活が健康的だと顔のシワが少ないという結果になりました。

研究の方法

オランダに住む高齢者男女 2,753人を対象に、アンケートで食生活を調べたり顔写真を電子機器で分析してシワの量を調べたりしました。 データの分析においてはシワの量に影響する色々な要因を考慮しました。

結果

オランダの食事ガイドラインに沿った食生活をしている女性は顔のシワが少なかったのですが、男性ではそのような関係は見られませんでした。

女性に限り、赤身肉や間食をよく食べる人は顔のシワが多く、果物をよく食べる人は顔のシワが少ないという関係が見られました。

留意点

赤身肉をあまり食べなかったり果物をよく食べたりする女性は健康志向が強く食生活以外の面でも生活習慣が健康的であるために顔のシワが少ないという可能性も考えられます。