レーズン(干しブドウ)は天日干しよりも日陰干しのほうがアントシアニンなどが豊富

(2018年7月) "Journal of the Science of Food and Agriculture" に掲載されたヘロコピポ大学(ギリシャ)の研究によると、レーズン(干しぶどう)は天日干しよりも日陰干しのほうがアントシアニンなどの栄養が豊富です。
Eirini A. Panagopoulou et al. "Corinthian Raisins (Vitis Vinifera L., var. Apyrena) antioxidant and sugar content as affected by the drying process: a three‐year study"

研究の方法

レーズンを天日干しまたは日陰干しで作り、両者の成分を比較しました。 レーズン作りは3回(3年間)行い、天候の違いが調査結果に及ぼす影響を抑えました。

結果

レーズンを作った年により成分に違いがあったものの、天日干しのレーズンよりも日陰干しのレーズンのほうがアントシアニンやフラバノールなどのフラボノイドを豊富に含んでいました。

糖分含有量には天日干しか日陰干しかによる違いは見られませんでした。