レスベラトロールが心理的ストレスによる脳の炎症に起因する鬱を抑制?

(2015年4月) 近年の研究により炎症も抑鬱の要因の1つであることが示されていますが、"Experimental Biology Meeting" で発表されたサウス・カロライナ大学(米国)の研究によると、レスベラトロールに炎症を抑えることによって抑鬱を防ぐ効果があるかもしれません。 (出典: Component of Red Grapes and Wine Could Help Ease Depression

以前の研究

今回の研究は、同じ研究グループが以前に行ったネズミの実験に基づいています。 その研究では、ネズミたちを体が大きくて攻撃的なイジメっ子ネズミの脅威にさらすという実験を行いました。

イジメっ子ネズミの脅威にさらされたネズミたちは、抑鬱的な行動を示すものと、示さないものの2通りに分かれました。 そして、抑鬱行動を示したグループの体には炎症が見られましたが、抑鬱行動を示さなかったグループには炎症が見られませんでした。

今回の研究

今回の研究でも以前の研究と同様に、ネズミの一群をイジメっ子ネズミの脅威にさらすという実験を行いました。 ただし前回と違うのは、イジメっ子ネズミの脅威にさらされるネズミたちにレスベラトロール(ワイン6杯分に相当)を毎日投与したという点です。

レスベラトロールを投与した結果、イジメによる脳の炎症増加が阻止され、本来なら抑鬱行動を示したはずのネズミたちが抑鬱行動を示しませんでした。

レスベラトロールはこれまでの様々な研究で、体の各所の炎症を抑制することが示唆されていますが、今回の研究によると脳の炎症にも有効かもしれません。