定年退職により生活が健康的になる

(2016年3月) "Journal of Preventative Medicine" に掲載されたシドニー大学により、定年退職により生活が健康的になることが明らかになりました。 定年退職後には活動的になり、睡眠の質が改善し、喫煙率が下がっていたのです。出典: Retirement Is Good for Your Health

研究の方法

オーストラリア在住の高齢者2万5千人の生活習慣を追跡調査しました。 調査項目は運動量・食生活・座って過ごす時間・飲酒量・睡眠状況などでした。

結果
主な結果は次の通りです:
  • 運動時間が1週間あたり93分増えていた。
  • 座って過ごす時間が1日あたり67分減っていた。
  • 睡眠時間が1日あたり11分増えていた。
  • 女性喫煙者の半数がタバコを止めていた。

年齢・性別・居住地(都会か田舎か)・婚姻状態・教育水準などを考慮しても、上記の結果の統計学的な有意性は失われませんでした。 飲酒量と野菜・果物摂取量については定年退職による影響が見られませんでした。

コメント
研究者は次のように述べています:
「定年退職のように人生において大きな出来事は、生活習慣を改善する大きなチャンスです。 悪い習慣を捨て去り、健康的な習慣を身に付けましょう」