閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

定年退職は健康に悪い?

(2013年5月) Institute of Economic Affairs という英国のシンクタンクの研究によると、定年退職をすると肉体的・精神的に衰えるリスクが増加します。 退職後、短期的には生活が改善するけれども、長期的には健康が悪化するというのです。

仕事を続けている同年代のグループと比較して、引退したグループでは、鬱病になるリスクが40%増加し、1つ以上の疾患があると診断される率が60%増加します。 さらに、薬を飲んでいる率も60%増加し、自分の健康状態を良好であると評価する率が40%減少していました。