食物繊維だけでも乳酸菌だけでもなく、その組み合わせが大腸ガンの進行抑制に有益?

(2019年5月) 大腸ガンなどの予防に食物繊維が豊富な食生活が有益であることが知られていますが、"Cell Reports" 誌に掲載されたルクセンブルク大学の研究によると、大腸ガンの進行抑制にプロバイオティクスと食物繊維の組み合わせが有望かもしれません。出典: Right combination of diet and bacteria limits cancer progression

研究の方法

Human-Microbial X-talk(リンク先はイメージ図を掲載している論文)と呼ばれる装置を用いて、ヒトの腸細胞と腸内細菌を同時に培養して、ラクトバチルス・ラムノサスGG菌(LGG菌)のみの場合とLGG菌&食物繊維の場合とで大腸ガン細胞への影響を調べました。

結果

食物繊維とLGG菌を組み合わせた場合にのみ、①大腸ガンの発ガン促進、②(ガン細胞の)薬剤耐性、③ガン細胞の自己再生能力(self-renewal capacity)に関わる遺伝子の発現量(活性)が低減されました。