ローズマリー・ウォーターで頭の働きが良くなる?

(2018年10月) "Journal of Psychopharmacology" に掲載されたノーザンブリア大学(英国)の研究によると、ローズマリーの成分を含有するローズマリー・ウォーターで頭の働きが良くなるかもしれません。
Mark Moss, Ellen Smith, Matthew Milner and Jemma McCready. "Acute ingestion of rosemary water: Evidence of cognitive and cerebrovascular effects in healthy adults"

研究の方法

80人の健康な成人を2つのグループに分けて、一方のグループにはローズマリー・ウォーターを、もう一方のグループには普通のミネラル・ウォーターを(いずれも250ml)飲ませてから20分後に、頭を使う作業を行わせました。

結果

ローズマリー・ウォーターを飲んだグループはミネラル・ウォーターを飲んだグループに比べて、長期的な記憶力やワーキングメモリーが要求される知的作業を遂行する能力が15%ほど向上していました。

補足

以前の研究では、今回の研究でローズマリー・ウォーターに認められたのと同程度の効果をローズマリーのアロマ・オイルが示しています。

今回の研究で脳の血流を測定した結果から、ローズマリー(*)の成分により脳が効率的に機能するのに必要なエネルギーを取り出しやすくなるのではないかと考えられます。
(*) 1,8-シネオールやロズマリン酸。
今回のローズマリー・ウォーターには、乾燥させたローズマリーではなく生のローズマリーが使用されており、成分の抽出も非加熱で行われました。