セント・オブ・ウーマン ~女の香り~

(2018年9月) "Proceedings of the Royal Society B" に掲載されたベルン大学(スイス)などによる研究で、女性の体臭の男性にとっての魅力度と女性ホルモンとの関係が調査されています。
The scent of attractiveness: levels of reproductive hormones explain individual differences in women's body odour Janek S

研究の方法

28人の若く健康な女性28人の体臭を採取して、その魅力度を57人の男性に評価させました。 さらに、体臭の採取と同時に採取した唾液サンプルを用いて、女性たちの体内に存在するエストラジオールとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンのほか、テストステロン(男性ホルモン)とコルチゾール(ストレス・ホルモン)の量を調べました。

結果

どの女性の体臭が魅力的であるかに関して、男性たちの意見は大いに一致しました(*)。 そして、女性ホルモンの量が豊富な女性ほど体臭が魅力的であるという関係が見られました。
(*) 「この女性の匂いが良いよね」「うん。これが一番だ」「うんうん」などと頷きあう男たちの姿が目に浮かびます。

解説

女性ホルモンの量は生殖能力の健全さのバロメーターです。 コルチゾールやテストステロンではなく女性ホルモンの量と体臭の魅力との間に関係が見られたことから、男性は女性の体臭を女性の生殖能力を判断する手がかりとして用いているのだと考えられます。