わずか数日でペッタンコのお腹にする方法

  1. 塩と加工食品を避けて、代わりに塩分を含まない調味料やハーブを使いましょう。 塩分の摂取量が多いと、一時的に体に蓄える水分が増えてしまって、むくみや、水太りの原因になります。
  2. アルコール、カフェイン、ココア、酸性の果汁を避けて、代わりに水を飲みましょう。 カフェインや酸性の飲み物は胃腸を刺激するので、むくみの原因になります
  3. 黒胡椒、ナツメグ、クローブ、唐辛子、タマネギ、ニンニク、からし、わさび、ケチャップ、トマトソース、バーベキューソース、ビネガーを避けて、ディル、ミント、セージ、タラゴン、ローズマリーなどのハーブを使いましょう。 刺激物が胃酸の分泌を促してしまうためです。
  4. ガムを噛まないようにしましょう。 ガムを噛むときに、実は空気を飲み込んでいます。 飲み込んだ空気はお腹に溜まります。 お口が寂しい場合には、塩分を含まないナッツ類を食べてください。 ミント風味が恋しいなら歯磨きをすると良いでしょう。
  5. サヤエンドウ、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、芽キャベツ、タマネギ、ピーマン、柑橘系の果物は避けましょう。 胃腸内でガスを発生します。 サヤインゲンやキノコ、カボチャなら問題ありません。
  6. ベーグル、パスタ、プレッツェル、コーンフレークなどの高炭水化物を避けて、玄米などの全粒粉の穀物とタンパク質を食べましょう。 炭水化物はグリコーゲンの形で筋肉に蓄えられますが、グリコーゲンは1gあたり3gの水を保持します。 長時間にわたる激しい運動をするのでない限り、炭水化物を溜め込んでおく必要は無いので、炭水化物の摂取量を減らします。 炭水化物の摂取量を減らしつつ運動することによって、すでに蓄えられているグリコーゲンを燃焼してスリムなお腹を実現できます。