お盆や年末年始に特有の人間関係がもたらすストレスを回避する方法

(2015年12月) 人が集まることが多い年末年始などの連休期間中には人間関係がストレス・憂鬱・社交恐怖の原因になることがありますが、結婚・家庭セラピストであるカンザス州立大学の準教授 Joyce Baptist 氏がそんな人のためのアドバイスをしてくれています。出典: Holiday Harmony: Kansas State University Therapist Offers Advice on Coping with Stress, Depression

  • 嫌なことを避ける必要性を認める。 自分を守る必要性・過去に自分の心を傷つけた人や物事を避ける必要性・不要なストレスを被ったりするのを避ける必要性を否定せず素直に受け入れましょう。
  • ストレスや憂鬱の原因を避ける。 特定の人物の存在や飲酒が原因となるのであれば、集まりに出席しない理由はそれで十分です。 代わりに(出席しない口実として)ボランティア活動や地域の休日イベントなどに参加しても良いでしょう。
  • 仲の良い人の理解を求める。 集まりに出席しないと決意したことを仲の良い人には話しておきましょう。 あなたが集まりに出席しないに対して否定的な人や集まりに出席しないことであなたが罪悪感を抱いてしまう人には、集まりに出席しない理由を説明する必要はありません。
  • 上質な時間。 連休中に家族や友人の中でも大切な人たちと上質な時間を過ごす計画を予め立てておきましょう。 大人数で集まったときとは違う有意義な交流が図れます。
  • 自分だけの時間。 一人でリラックスして過ごす時間も設けましょう。
  • 専門家のサービスを利用する。 連休中のストレスのために精神状態が悪化してイライラ・不眠・重度の抑鬱や不安感が生じる場合にはメンタルヘルスの専門家を利用しましょう。 あなたの幸せを大事に思ってくれている人に話をするのもストレスの軽減などに有益です。