閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は脳卒中にも悪影響

2012年に発表されたカナダ大学の研究によると、睡眠時無呼吸症候群(SAS)で、脳卒中のリスクが増加するだけでなく、脳卒中になったあとのリハビリにも支障のあることが示されました。

今回の研究によると、脳卒中に襲われた人の60%がSASを経験しています。 SASの症状は、ひどいイビキ、睡眠集の呼吸に間が空く、日中の疲労感などです。

研究者によると、SASの原因は肥満または薬物やアルコールなどの化学物質なので、体重を減らしたり、睡眠薬や飲酒を控えたりすることでSASを予防できます。 また、横向きに眠ることでSASのリスクを減らすことが出来るそうです。