閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

睡眠不足のときに理性が食欲に負ける理由

カリフォルニア大学バークレイ校の研究グループが、寝不足の日にはドーナッツやピザなどのジャンクフードを食べたくなることを明らかにしました。 今回の発見は、睡眠不足が肥満につながる原因を解明する手がかりになるかもしれません。

"Nature Communications" 誌に掲載されたこの研究では、23人の健康な若者に80種類の食事(果実や野菜などの健康的なものからジャンクフードまでの各種)の画像を見せて、脳を fMRI で撮影しました。 撮影は2回行われ、1回目の撮影は、睡眠を十分に取った翌日に行い、2回目は徹夜した翌日に行いました。

その結果、睡眠不足のときの脳では、判断力を司る前頭葉(高度な領域)の活性が損なわれる一方で、報酬に反応する脳の中央部分(原始的な領域)の活性が増大していることが明らかになりました。 そして実際にも被験者は、睡眠不足のときにはジャンクフードを好んだのです。

研究者は次のように述べています:

睡眠が不足すると、判断力を司る高等な領域の活動が衰え、モチベーションと欲求を司る原始的な領域の活動が増大するのです。


これまでの研究で、睡眠不足によって食欲が増える(得に甘いもの、塩辛いものが欲しくなる)という関係は明らかにされていましたが、今回の研究で明らかになった脳のメカニズムが、睡眠不足の翌日に体に良くない(ジャンクフード系の)食事を選択してしまう理由の説明となると考えられます。