よく眠れないなら血圧に注意が必要かも

(2018年2月) シンガポール国立大学などの研究グループが "Journal of Clinical Hypertension" に発表したメタ分析によると、睡眠の質が低い人は血圧に注意が必要かもしれません。

メタ分析の方法

睡眠の質と高血圧のリスクや血圧値との関係を調べた29の研究論文(2016年10月までに発表されたもの)のデータに目を通しました。 29の研究論文のデータに含まれる患者数は4万5千人超で、メタ分析に使用されたのは29のうち22の研究論文のデータでした。

結果

睡眠の質が低い場合には高血圧のリスク(オッズ比)が48%高くなっていました。 また、夜間に血圧が下がる(健康な人は夜間に血圧が下がる)人は睡眠の質が良好でした。

睡眠の質と血圧値(最高血圧も最低血圧も)との間には統計学的に有意な関係が見られませんでした。