コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

左利きは顔の下半分が細長い人に多い

(2017年4月) "Laterality: Asymmetries of Body, Brain and Cognition" に掲載されたワシントン大学の研究で、顔の下半分が細長い人に左利きが多いことが明らかになりました。

米国人男女1万3千人超のデータを分析したところ、顔の下半分が細長い人は左利きである率が25%多いという結果だったのです。

エクトモーフ

顔の下半分が細長いというのは、「エクトモーフ」と呼ばれ体型が全体的に細長いタイプの人に見られる特徴です。 エクトモーフの人には、①筋肉が付きにくい、②結核になりやすい、③出っ歯になりやすいといった特徴があります。

エクトモーフと結核と利き腕

英国は西欧の中でも結核被害が大きかった地域ですが、英国には顔の下半分が長い人や左利きの人が多いというデータがあります。 逆に、結核にかかりにくいとされるエスキモーは、ずんぐりとした顔の形で右利きの人が多いようです。