社交不安を和らげるには他人に親切にすると良い

(2015年7月) "Motivation and Emotion" 誌に掲載されたブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)などの研究によると、社交不安の軽減には他人に親切にするのが有効だと思われます。

研究の方法
この研究では社交不安を抱えている大学生115人を次の3つのグループに分けて4週間を過してもらいました:
  1. 親切な行為をするグループ(親切な行為とは、ルームメイトのために食器を洗う・隣人の芝刈りをする・慈善事業に寄付をするなど)
  2. 親切な行為はしないが社交的な状況にさらされるグループ
  3. 普段どおりに過すグループ
結果
1のグループにおいて他の2つのグループよりも、社交的な状況を回避しようとする気持ちが大きく減少していました。 また、2のグループよりも1のグループの方が社交不安の低減が速やかでした。 親切な行為を行うことによって「他人に拒絶されるかも」という恐怖心が和らいだのだと考えられます。