音が聞こえない状態が続くと本当に聴力が失われる

(2015年11月) "PLOS ONE" に掲載された Massachusetts Eye and Ear(米国)の研究により、音が聞こえない状態が続くと内耳に回復不可能な損傷が生じることが示されました。 伝音性難聴を放置していると恒久的に耳が聞こえなくなってしまう恐れがあります。

伝音性難聴とは

音は、外耳道・鼓膜・中耳を経て内耳に達し、そこで電気信号へと変換されて聴覚神経を経由して脳に送られます。 外耳道から内耳への音の伝達が妨げられることで生じる難聴が伝音性難聴です。

伝音性難聴になると、音量が減少してソフトな音が聞き取れなくなります。 伝音性難聴の主な原因は、耳垢による閉塞・中耳炎・耳硬化症です。

研究の方法

慢性的な伝音性難聴のマウスの一群を対象に、内耳に生じる変化を1年間にわたり追跡調査しました。

結果

音が内耳に届かない状態になってから1年で内耳に劇的な変化が生じていました。 特に、脳へと電気信号を伝える感覚細胞のシナプス結合が相当に損なわれていました。

この結果から、加齢や騒音によって内耳が傷むのと同じようにして、音が聞こえない状態によっても内耳がダメージを受けるのだと思われます。
伝音性難聴では聴覚の機能自体は損なわれていないけれど、伝音性難聴を放置していると聴覚機能も失われてしまうというわけですね。
コメント
研究者は次のように述べています:
「伝音性難聴が片方の耳にしか生じていない場合には、その原因となる疾患を治療しない患者が少なくありません。 片方の耳が聞こえるということで、もう片方の耳の手術を受けたがらなかったりするためです」