閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

大豆食品を食べる頻度とブルーな気分の関係

(2017年5月) "Clinical Nutrition" に掲載された研究によると、憂鬱にならないためには大豆食品を食べる頻度を週に1回から1日1回の範囲にしておくのが良いかもしれません。

研究の方法

中国に住む成人男女1万4千人弱(平均年齢43.5才)を対象に、抑鬱の程度を調べるアンケートと大豆食品の摂取頻度を調べるアンケートを実施しました。 データの分析においては、抑鬱のリスクに影響する様々な要因を考慮しました。

結果

7.2%の人に抑鬱の症状が見られました。

大豆食品の摂取頻度が最も少ない(週に1回未満)グループに比べて、その他のグループは抑鬱のリスクが次のように異なっていました:
  • 大豆食品を週に1~3回食べるグループ: -20%
  • 大豆食品を週に4~7回食べるグループ: -31%
  • 大豆食品を毎日2回以上食べるグループ: +85%
© http://kenkounews.rotala-wallichii.com/soy-soy_im-feeling-blue/