スプライトが二日酔いの緩和に有効

(2013年9月) "Food and Function" 誌に掲載された中国の研究によると、二日酔いの症状を緩和するには炭酸飲料のスプライトが効果的です。 この研究では、お茶や炭酸飲料など57種類の飲み物の二日酔いに対する効果を調べました。

吐き気や頭痛などの二日酔いの症状は、アルコールが体内で分解されることで生じます。 体内に入ったエタノール(アルコール)は、肝臓から放出されたアルコール・デヒドロゲナーゼという酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。 アセトアルデヒドは、アルデヒド・デヒドロゲナーゼという酵素によって代謝され、酢酸塩に変わります。 最終生成物の酢酸塩自体は無害(むしろ健康に良い)なのですが、途中生成物であるアセトアルデヒドが二日酔いの原因になると考えられています。

研究グループによると、スプライトによって上記のアルコール分解プロセスが促進されるために、二日酔いになっている時間の長さと、二日酔いの症状が軽減されます。

今回調査対象となった飲料の中には、麻の実(Huo ma ren)など、二日酔いを悪化させるものもありました。 二日酔いを悪化させる飲料は、アルコール・デヒドロゲナーゼの活性を促進するために、アセトアルデヒドを増やしてしまいます。 アセトアルデヒドよりもアルデヒド・デヒドロゲナーゼが多いと二日酔いが軽減されるということでしょうか。

それにしても、スプライトでいいならファンタでも良さそうですね。 スプライトもファンタも、炭酸水に砂糖と酸味料と香料を入れただけの飲み物なんだから。