閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

外耳道のガンは、右利きであれば右耳に、左利きであれば左耳に生じることが多い

(2017年9月) "Laryngoscope Investigative Otolaryngology" 誌に掲載された日本の研究で、外耳道ガンになるリスクは右利きの人なら右耳で、左利きの人なら左耳で高くなるという結果になっています。

研究の方法

外耳道扁平上皮ガン(EACSCC)の患者68人を対象に、どちらの耳にEACSCCが生じているかを調べました。 また、34人については利き腕と耳かきの習慣について尋ねました。

結果

68人のうち、EACSCCが右耳に生じていたのは52人で、左耳に生じていたのは16人でした。

利き腕を調べた34人では、29人が右利き、4人が左利き、1人が両利きでした。 そして、右利きの29人と両利きの1人を合わせた30人のうち27人は右耳にEACSCCが生じており、左利きの3人はいずれも左耳にEACSCCが生じていました。

結論

利き腕を調べた34人のほぼ全員にいおいて、EACSCCが生じる耳と利き腕とで左右が一致していました。

解説

「耳かき」は外耳道扁平上皮ガンのリスク原因の1つであると思われますが、耳かきは手先の器用さが要求されるため利き腕と同じ側の耳が耳かきのターゲットとなることが多く、それゆえにEACSCCのリスクが高くなるのだと考えられます。 今回の研究でも、患者の大部分はEACSCCが生じた側の耳をかく習慣を有していました。