閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

人の顔や名前に関する記憶力と歩行量の関係

(2015年11月) "Journal of the International Neuropsychological Society" に掲載されたボストン大学の研究で、中高齢者は歩いたり走ったりする歩数が多いと記憶力が良いという結果になりました。

過去の類似研究との違いは、歩行量をアンケート調査(回答者の記憶が正確とは限らない)ではなく計器により調べたという点です。

研究の方法

18~31才の若者29人と55~82才の中高齢者31人を対象とする調査を行いました。 調査では、加速度計という小さな(腕時計や歩数計と同じサイズ)計器を装着してもらって1日の歩数・歩行速度・歩行時間を計測し、記憶力・計画能力・問題解決能力を測定するテストを実施しました。

結果
中高齢者グループでは、1日あたりの歩数が多い人は記憶力が良いという関係が見られました。 歩数と記憶力の関係は、人の名前と顔に関する記憶力(*)に最も強く見られました。 若者グループでは、1日の歩数と記憶力との間に関係が見られませんでした。
(*) 顔を見て名前を思い出したり、名前を聞いて顔を思い出したりする記憶力。
解説

今回の結果から、運動が長期的な記憶力の維持に有益だと思われます。 長期的な記憶力はアルツハイマー病などの認知症や加齢により低下するタイプの記憶力です。

記憶力の維持に有効な運動の量や種類は今後の研究で調べる必要がありますが、研究チームによると自家用車の代わりにバスや電車で通勤したり、エレベーターの代わりに階段を使用したりするなどで歩数を増やすのであっても有益かもしれません。