禁煙開始直後には腸内細菌叢の特徴が肥満者と同じになる

(2013年9月) これまでの複数の研究により太る(禁煙1年目に4~5kg程度)ことが示されていますが、"PLoS One" に掲載されたスイスの研究によると、それは禁煙によって腸内細菌叢が変化するためかもしれません。

研究の方法

20人のボランティアから9週間にわたって回収した大便サンプルを用いて、腸内細菌の遺伝子プロファイルを分析しました。 20人の内訳は、喫煙歴の無い人が5人・喫煙者が5人・研究開始から一週間後(たぶん9週間のうちの最初の1週間が経過した時点)に禁煙を開始したのが10人というものでした。

結果

タバコを止めたばかりの人では、ファーミキューテス門(肥満者に多い)と放線菌門の腸内細菌が勢力を増し、バクテロイデス門(普通体重者に多い)とプロテオバクテリア門の腸内細菌の勢力が低下していました。 ただし、禁煙後には腸内細菌の多様性も増大していました(良い事)。