閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

ストレスの多い日々が続くと太りやすい?

(2017年2月) "Obesity" 誌に掲載されたユニバーシティー・カレッジ・ロンドンの研究によると、長期間にわたり精神的なストレスにさらされている人は太りやすいかもしれません。

研究の方法

英国に住む54才以上の男女 2,527人から2ヶ月分に相当する長さの髪の毛を採取し、そこに含まれるコルチゾールの量を測定しました。 コルチゾールはストレスに反応して分泌されるホルモンです。

そして、身長・体重・ウェストサイズを測定して、髪の毛に含まれるコルチゾールの量と照らし合わせました。

結果

髪の毛に含まれるコルチゾールの量が多い人は、ウェストサイズが大きく(腹部脂肪が多い)、BMIの数値が大きい(太っている)傾向にありました。

BMIのカテゴリーで2度以上の肥満に分類される人や、ウェストサイズが一定以上(男性では102cm以上、女性では88cm以上)の人で、髪の毛に含まれるコルチゾールの量が特に多くなっていました。

解説
コルチゾールについて

コルチゾールは代謝に深く関与するホルモンで、腹部に脂肪を集める作用や、食欲を増進させる作用があります。

女性に限り、自動車・バイク・航空機などが引き起こす交通騒音(によるストレス)にさらされていると腹部に脂肪が付きやすい(騒音が5デシベル悪化するごとにウェストサイズが0.21cm大きくなる)という結果になった研究も存在します。

コルチゾールは軽めの運動を行うことで減らせる可能性があります。 激しい運動をすると一時的にコルチゾールの量が増加しますが、激しい運動にストレスが人体に及ぼす悪影響の一部を緩和する効果があるとする研究も存在します。

今回の研究の特色

過去の類似研究では、血液・唾液・尿などに含まれるコルチゾールの量を測定していましたが、髪の毛を用いてコルチゾールの量を調べるほうがコルチゾールの長期的な分泌量を正確に調べることができます。

留意点

今回の研究で調査対象となったのは比較的年配の人たちで、ほぼ全員が白人でしたが、若い人や別の人種では今回と異なる結果になるかもしれません。

また、コルチゾールが多いと太りやすいのではなく太っているとコルチゾールが分泌されやすいという可能性も考えられます。