コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

脳卒中が疑われるときに救急車を呼ぶかどうかを判断するための基準

脳卒中が疑われる突発的な症状
突然起こる脳卒中の重大な症状は次の通りです:
  • 顔・腕・足など体の半身の感覚が突然無くなる、あるいは脱力感を感じる。
  • 混乱したり、発話できなくなったり、物事を理解できなくなるということが突然起こる。
  • 視界が突然半分になる(片側が見えなくなる)。
  • 突如として、歩くのが非常に困難になる、眩暈(めまい)がする、体のバランスを取れなくなる。
  • 思い当たる原因がないのに突然強い頭痛が生じる。

これらの症状のいずれかが「突然」かつ「強烈に」、そして「体の片側に」表れたら、年齢に関わらず至急に救急車を呼びましょう。 例えば、軽い眩暈や頭痛などの場合は心配することはありません。

若い人も脳卒中に要注意

脳卒中になるのは高齢者だけではありません。 脳卒中の20%は55歳以下の人に起こっています。 2011年の米国の報告では、子供・ティーンエイジャー・青年に発生する脳卒中が急速に増加しており、脳卒中になる人の平均年齢が過去10年間で71歳から59歳へと大きく下がっています。

FASTとBE-FAST

参考までに、脳卒中の発生を判定する基準として「FAST(急いで!)」や「BE-FAST(早く!)」というものがあります。

FAST
FASTは米国で定着している脳卒中の判断基準で、次の4点から脳卒中の有無を判断します:
  • Face - 顔の表情が左右で異なっている。
  • Arm - 片方の腕がだらんと下がっている。
  • Speech - 喋り方が不明瞭であったり、混乱していたり、喋るのに苦労している。
  • Time - 上記の3つの症状に該当していれば直ちに救急車を呼びましょう。
BE-FAST

ケンタッキー大学の研究者が "Stroke" 誌(2017年)において、脳卒中になってもFASTに該当する症状が現れない患者が存在することに注目し、脳卒中を判定する新基準としてBE-FASTというものを提唱しています。

BE-FASTでは、FASTの4つの基準に加えて、バランス能力や歩行能力の障害突然生じる視力障害の2つを判定基準として用います。

「BE-FAST」の「BE」のうち「B」に当たるのがバランス能力や歩行能力の障害(alanceの頭文字)で、「E」に当たるのが突然生じる視力障害(yeの頭文字)です。

"Stroke" 誌の研究によると、脳卒中と正しく判定されない患者の率がFASTを用いると14%ほどであるのが、BE-FASTを用いれば4.4%にまで下がります。

脳卒中とは

脳卒中は、脳に酸素と栄養を供給する血管の一部が破裂する、あるいは血栓で詰まることで起こります。 脳への血液の供給が途絶えたり極度に減少したりして脳で酸素と栄養が不足すると、脳細胞は数分以内に死滅し始めます。

血管の破裂が原因となる脳卒中のことを「出血性脳卒中」と言い、これに分類されるのは「くも膜下出血」や「脳出血」です。 一方、血管が詰まるのが原因となる脳卒中のことを「虚血性脳卒中」と言い、「脳梗塞」や「一過性脳虚血発作」がこれに分類されます。