「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

「物忘れの自覚」には認知症のリスクがけっこう反映される

(2018年5月) "Psychology and Aging" 誌に掲載されたテキサス大学ダラス校の研究によると、「自分は物忘れがひどくなった」と感じている人は認知症のリスクが高いかもしれません。出典: Subjective Memory May Play Role in Signaling Cognitive Decline

研究の方法

健康でな20~94才の男女195人を対象に、以下を実施しました:
  1. 主観的な記憶力(自分自身の物忘れの程度)に関するアンケート調査
  2. 連想記憶力のテスト(注1)
  3. 気分/抑鬱(注2)に関するアンケート調査
  4. APOEε4遺伝子(注3)の検査
  5. PETを用いて脳を撮影してβアミロイド(注4)の蓄積状況を調べた(50才以上の74人のみ)

(注1) 「顔と名前」の関係を記憶するテストと、「単語ペア」の関係を記憶するテストを行った。 各種の記憶力のなかで、老化による記憶力の低下が如実に表れるのは連想記憶力。

(注2) 物忘れは鬱病の症状の1つでもある。

(注3) APOEε4遺伝子のタイプはアルツハイマー病(認知症の中で最も一般的)のリスクを左右する。

(注4) アルツハイマー病患者の脳に蓄積が見られる毒性のタンパク質。

結果

年齢・性別・気分・APOEε4遺伝子のタイプを考慮した分析において、主観的な記憶力連想記憶力との間に関係が見られました(物忘れを実感している人は連想記憶力が低かった)。

60才超で関係が明確

連想記憶力を調べた2つのテストのうち顔と名前の関連を記憶するテストに関しては、60才超の場合に限り主観的な記憶力との間に関係が見られました。
つまり、60才以下であれば自分で「物忘れがひどい」と感じていても、「顔と名前」の関係を記憶する能力は実際には低下していなかった。

60才超の人たちのなかでも「顔と名前の関連を記憶するテスト」と「主観的な記憶力」との関係が顕著だったのは、APOEε4遺伝子のタイプ的にアルツハイマー病のリスクが高い人でした。

物忘れとβアミロイド

男性に限り、主観的な記憶力が低い(自分が物忘れをすると感じている)人は脳に蓄積しているβアミロイドの量が多いという関係が見られました。