閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

ストレスを実感している人は心臓発作に注意

(2013年6月) 英国の研究によると、ストレスのせいで自分の健康が損なわれていると感じる人では心臓発作のリスクが増加します。

この研究は、7,268人のロンドンの公務員を対象に最長で18年間にわたって行われました。 研究の結果は、ストレスが自分の健康に「非常に」または「極度に」悪影響を及ぼしていると感じている人では、心臓発作のリスクがストレスを感じていない人の1.5倍になるというものでした。 この結果は、生物学的、行動学的、および心理学的なリスク要因を考慮したうえでのものです。

研究者は次のように述べています:

今回の結果から言えるのは、ストレスが自分の健康に与えている影響についての感覚はおそらく正しいということです。