砂糖の入った清涼飲料水が高血圧の原因に

(2014年4月) "American Journal of Cardiology" に掲載された米国のレビューによると、(人工甘味料ではなく)砂糖が使われた清涼飲料水が血圧が上がる原因になると考えられます。

このレビューでは12歳以上の男女を対象に行われた12の研究のデータ(データの人数は合計で40万人ほど)を調査しました。

その結果、12の研究のいずれにおいても砂糖入り清涼飲料水と血圧の間に相関関係が見られました(そのうち10の研究で統計的に有意な結果でした)。 5つの研究では砂糖入り清涼飲料水によって血圧の平均値が増加しており、7つの研究では砂糖入り清涼飲料水によって高血圧になる率が増加していました。

この結果に基づいて研究チームは「高血圧患者の生活指針に砂糖入り清涼飲料水を控えることを盛り込むべきだ」と述べています。