閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

砂糖の入った飲み物で腎結石のリスクが増加

結石を予防するためにも、汗をかく時期には水分補給が大事です。 ただし、どんな飲み物でもよいというわけではありません。 イタリアの大学の研究によると、砂糖の入った飲み物で水分補給をすると、腎結石のリスクが減るどころか増加します。

この研究では、19万人以上を対象に、8年間にわたって、通院や投薬、ライフスタイルに関するアンケートを毎年、そして食事に関するアンケートを四年ごとに実施しました。

その結果、砂糖入りの飲み物を週に1回以上飲んでいる人は、そうでない人に比べて腎結石になるリスクが23%増加していました。

その一方で、コーヒー、紅茶、オレンジジュースには腎結石を予防する効果がありました。 ただし、コーヒーや紅茶に砂糖を入れた場合にも結石予防の効果があるかどうかは不明です。

今回の研究に関与していない研究者は次のように述べています:

「砂糖の入った飲み物だけで腎結石になるという確定的なエビデンスは存在しませんが、砂糖飲料は糖尿病や、心血管疾患、肥満との関係が指摘されているうえに、これらの病気は腎結石に関与していると考えられています」
人工甘味料の使われたダイエット・ソーダであれば腎結石のリスクは増加しないかもしれませんが、ダイエット・ソーダは2型糖尿病のリスクが増加します。 研究グループは、水を飲むことを推奨しています。