閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

ビタミンBのサプリメントを飲み続けている男性は肺ガンに要注意!?

(2017年8月) "Journal of Clinical Oncology" に掲載されたオハイオ州立大学などの研究によると、ビタミンBのサプリメントを何年間にもわたり服用している男性は、用量を守ってビタミンBサプリメントを服用していても肺ガンのリスクが増加する恐れがあります。

研究の方法

50~76才の米国人男女7万7千人超のデータ(肺ガンの症例数は808件)を用いて、過去10年間におけるビタミンB6・ビタミンB9(葉酸)・ビタミンB12のサプリメント使用と肺ガンのリスクとの関係を調べました。

結果

女性に関しては、サプリメントで摂取するビタミンB6・B9・B12の量と肺ガンのリスクとの間に関係が見られませんでした。

男性では、10年間におけるビタミンB6摂取量の平均値が最も多い(20mg超/日)グループはビタミンB6のサプリメントを服用する習慣がなかったグループに比べて、肺ガンのリスクが1.8倍でした。 同様にビタミンB12でも、摂取量が最も多い(55μg超/日)グループは2倍弱でした。

喫煙者に限ると、ビタミンB6とB12のサプリメント肺ガンのリスク増加幅は、それぞれ3倍4倍でした。

20mg/日や55μg/日は、どの程度の量?

ビタミンB6

日本の栄養ガイドラインでは、成人男性のビタミンB6推奨摂取量は1.4mg/日(女性は1.2mg/日)、耐容上限量は50~60mg/日(女性は40~45mg/日)だとされています。

したがって20mg/日というビタミンB6の摂取量は、耐容上限量の範囲内ではあるけれど推奨摂取量は大きく超える量であるということになります。

ビタミンB12

日本の栄養ガイドラインでは、成人男性のビタミンB12推奨摂取量は2.4μg/日(女性も同じ)とされています。 したがって、55μg/日という摂取量は推奨摂取量の23倍近くにもあたります。

ビタミンB12に関しては、耐用上限量が設定されていないようです。

ビタミンBのサプリメントにおける含有量

ビタミンBのサプリメントには推奨摂取量を遥かに超える量のビタミンBが含有されています。

例えば、DHCというメーカーのビタミンBサプリメント(各種のビタミンBを含有している)を規定量(2粒)で服用すると、ビタミンB6を30mg/日、そしてビタミンB12を20μg/日摂ることになります。

AsahiというメーカーのビタミンBサプリメントでも、ビタミンB6を30mg/日、ビタミンB12を20μg/日摂ることになります。

したがって今回の研究によれば、ビタミンBのサプリメントをパッケージに記載されている規定量の通りに飲み続けていても肺ガンのリスクが増加する恐れがあります。

マルチビタミンはビタミンB群の含有量が桁違いに少なく、推奨摂取量に近い数字となります。