血管の老化の原因は腸内細菌?

(2019年3月) "Journal of Physiology" に掲載されたコロラド大学ボルダー校などの研究(マウス実験)によると、老化に伴う腸内細菌叢の変化が血管の機能に悪影響を及ぼしているかもしれません。
著者: Vienna E. Brunt et al.
タイトル: Suppression of the gut microbiome ameliorates age‐related arterial dysfunction and oxidative stress in mice

加齢性の心血管疾患(心臓病や脳卒中)の主な要因の1つは、酸化ストレスによる動脈機能不全(血管内皮の機能不全や大弾性動脈の硬化など)です。 そして、酸化ストレスの促進に腸内細菌バランスの乱れが関与していることが近年の研究により明らかになりつつあります。

研究の方法

若いマウスと年老いたマウスに抗生物質を3~4週間投与して腸内細菌の働きを抑制してみました。

結果

年老いたマウスでは、抗生物質で腸内細菌の働きを抑制すると、血管内皮の機能不全と動脈の硬化が改善され、血管の酸化ストレスと炎症が緩和されました。 プレスリリースによると、若いマウスでは抗生物質を投与してもこのような変化は見られませんでした。

年老いたマウスの腸内には、腸内細菌バランスが乱れているときによく見られるタイプの腸内細菌(1)が大量に存在しました。 年老いたマウスではさらに、腸(内細菌)由来のトリメチルアミン-N-オキシド(TMAO)の血中濃度が増加(2)していました。

(1) プレスリリースによると、例えばプロテオバクテリア門の細菌。 サルモネラ菌などの病原菌や、炎症を促進するデスルフォビブリオ属の細菌がプロテオバクテリアに分類される。

(2) プレスリリースによると3倍に増加。

今回の結果から、加齢性の血管機能不全において腸内細菌が重要な位置を占めていると考えられます。

研究グループによると、抗生物質を用いて血管を若返らせようとするのは現実的ではありません。 ただ、プロバイオティクスを豊富に含有する発酵食品やプレバイオティクスとして働く食物繊維をしっかりと取れば、腸の健康促進ひいては心臓病の予防に役立つ可能性があります。