全身に存在するホクロの数は右腕のホクロの数に反映される

(2015年10月) キングズカレッジ・ロンドン(英国)の研究で、右腕に存在するホクロの数から全身に存在するホクロの数を推定できるという結果になりました。

こうして推定したホクロの数は、メラノーマ(皮膚ガンの一種で性質が悪い)のリスクを把握するのに利用できます。 ホクロが多いというのはメラノーマのリスク要因の1つで、メラノーマの20~40%はホクロから発生します。 体に存在するホクロの数が1つ増えるごとに皮膚ガンのリスクが2~4%増加すると考えられています。

研究の方法

この研究では、白人女性 3,594人の全身のホクロの数・皮膚のタイプ・髪と目の色・そばかすの有無を調査しました。 全身の皮膚を17のエリアに区切って、各エリアに存在するホクロの数を数えました。 さらに、過去の研究のデータ(男女)も用いて同様の調査を行いました。

結果
全身のホクロの数は、右腕のホクロの数に最も強く反映されていました。 右腕のホクロの数が多い女性は全身のホクロの数も多い傾向にあったのです。
  • 右腕に存在するホクロの数が7つよりも多い女性では、全身のホクロの数が50を超えている率が9倍でした。
  • 右腕に存在するホクロの数が11よりも多い女性では、全身のホクロの数が100を超えているケースが増加していました。

全身のホクロの数は、右腕の中でも特に肘から先に存在するホクロの数に反映されていました。 脚のホクロの数や、男性では背中のホクロの数にも全身のホクロの数が反映されていました。

コメント
研究者は次のように述べています:
「今回の発見により、医師が患者の全身に存在するホクロの数を手早く、そして正確に推測できるようになります」