「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

食生活とテロメアの長さとの関係。 とりあえず野菜と果物は食べておくと良さそう

(2016年8月) イランの研究チームが、食生活とテロメアの長さとの関係について調べたシステマティック・レビューの結果を "European Journal of Clinical Nutirtion" に発表しています。 テロメアとは染色体の末端部分のことで、長いほど健康で余命も長いと考えられています。
N Rafie et al. "Dietary patterns, food groups and telomere length: a systematic review of current studies"
レビューの方法
食生活とテロメアの長さについて調べた17の研究のデータを調べました。 17の研究のうち3つはメディテラネアン・ダイエット(MD)などの特定の食事スタイルとテロメアの長さとの関係を調べたもので、10は食品のカテゴリーとテロメアの長さとの関係を調べたものでした。 残りの4つは、特定の食事スタイルおよび食品のカテゴリーとテロメアの長さとの関係を調べた研究でした。
結果
  • 3つの研究で、食生活がMDに近いとテロメアが長いという結果でした。
  • 5つの研究で、野菜や果物の摂取量が多いとテロメアが長いという結果でした。
  • 野菜・果物以外の食品については各研究の結果の方向性が一致していませんでしたが、穀類・加工肉・脂肪・食用油・糖類が使われた清涼飲料水の摂取量が多いいとテロメアが短くなる可能性があります。
結論
MDや野菜・果物を食べている人はテロメアが長いという結果でしたが、まだまだデータが足りていないので、現時点で最終的な結論を出すことはできません。