トマト礼賛 (レビュー)

(2018年8月) グル・ナーナク大学(インド)などの研究グループがトマト(の健康効果)を礼賛するレビューを "Journal of Food Science and Technology" に発表しています。
Poonam Chaudhary et al. "Bioactivities of phytochemicals present in tomato"

レビューの概要

  1. トマトは素晴らしい果実(ワンダー・フルーツ)である。 トマトが豊富に含有する植物性化学物質には健康を増進する効果があり、慢性的な変性疾患(*)の予防に有益である。
    (*) おそらく、ガン・心臓病・脳卒中・アルツハイマー病などを指す。
  2. トマトは、フェノール化合物(フェノール酸やフラボノイド)・カロテノイド類(リコピンやαカロチンやβカロチン)・ビタミン類(ビタミンCやA)・グリコアルカロイド(トマチン)をたっぷりと含んでいる。
  3. トマトのこうした成分には、抗酸化・抗ガン・抗炎症・抗動脈硬化といった作用がある。
  4. (動物実験などでなく)ヒトにおいてトマト(特にリコピンの抗酸化作用)に各種の変性疾患を予防する効果を期待できることは世界中の知るところである。 トマトの摂取量が多い人は、ガン・心臓病・脳卒中・老化などの健康上の問題が少ないというデータが存在する。
  5. トマトの有効成分は通常の加熱調理ではさほど損なわれないため、トマトはヒト用の食品として尚(なお)のこと有益である。