閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

交通渋滞が心臓に悪い

交通渋滞に対してドライバーは無力なので、渋滞に巻き込まれたドライバーは非常なストレスを感じます。 そして、他のストレスと同様に、渋滞によるストレスも心臓に悪影響があります。

専門家の話では、渋滞に巻き込まれると心拍数が増え血圧が上がるが、これらは短期的にはもちろん、長期的にも体に悪いということです。

また、最近の研究に、(車での)長距離通勤とお腹の脂肪や運動不足の関係を指摘するものがあります。 これらはいずれも心臓トラブルの原因となります。 さらに、デンマークで行われた研究によると、交通の騒音で心臓発作のリスクが増加するとのことです。 車のクラクションの音でストレス・レベルが跳ね上がるとも言われています。

このように、渋滞は体にとって非常に負担となりますが、それを軽減する方法があります。

①渋滞に巻き込まれても遅刻にならない程度の余裕を持って出発する、②渋滞をあるがままに受け入れてオーディオ・ブックを聴いたり、ラジオを聴いたりする、③深呼吸する、④相手先に遅刻の可能性があることを伝える。