コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

2型糖尿病とは

2型糖尿病とは

2型糖尿病とは、ブドウ糖(体の主な燃料源)の代謝に異常が生じる慢性的な疾患です。 すなわち、①体がインスリンの効き難い体質(インスリン抵抗性)になるか、または②膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンの量が低下(インスリン分泌低下)します。 ①や②が起こる理由は不明ですが、肥満や運動不足が一因になっているようです。

2型糖尿病では、上記の①または②が原因でブドウ糖が細胞内に入り込めなくなるために、ブドウ糖が血流中に蓄積されてゆきます。 1型糖尿病(自己免疫疾患)では、膵臓からインスリンが分泌されなくなります。 2型糖尿病も放置すると命にも関わりかねない病気です。
インスリン
インスリンとは膵臓が分泌するホルモンです。 膵臓は、胃の後方&下方に存在する腺(ホルモンや体液を生成する器官)です。 インスリンが作用する仕組みは次の通りです:
  1. 膵臓から分泌されたインスリンが血流中に入り込む。
  2. 血液に乗って体中を循環するインスリンによって、ブドウ糖が体の各細胞に入り込む。
  3. これにより、血中のブドウ糖の量が減る。
  4. 血糖値の降下に伴い、膵臓から分泌されるインスリンの量が減ってゆく。

2型糖尿病は一般的には成人がかかる病気ですが、肥満の子供もこの病気になることがあります。 2型糖尿病は完治させることは出来ませんが参考記事: 寄生虫駆除の薬で糖尿病が完治?、食事や運動などによって症状をコントロールすることが可能です。 食事と運動だけで血糖値をコントロール出来ない患者には、薬やインスリン療法が用いられます。

症状
2型糖尿病の症状は進展が遅いケースも多く、2型糖尿病になっているのに何年も気づかないという人もいます。 2型糖尿病の症状は次の通りです:
  • 喉の渇きと尿量の増加: 糖尿病によって血流中に糖が過剰に存在すると、体組織から水分が引き出されてしまうために喉が乾きます。 その結果、水分摂取量が増えるので、尿の量も増えます。
  • 異常にお腹が空く: インスリン(の効果あるいは量の)不足のためにブドウ糖が血中に過剰に存在する分だけ、筋肉や臓器のブドウ糖が不足します。 糖尿病では、筋肉や臓器でエネルギー不足となるために、お腹が空きます。
  • 体重の減少: 糖尿病では、上記の理由でお腹が空くので通常よりもたくさん食べますが、それにも関わらず体重が減少します。 ブドウ糖を代謝する能力が損なわれている(血中からブドウ糖を取り込めない)体では、血中のブドウ糖の代わりに筋肉や脂肪に蓄えられているエネルギーが消費されます。 過剰な食事で摂取された過剰なエネルギーは血中から細胞に移動することなく尿とともに体外に排出されます。 そのため糖尿病患者の尿には糖が含まれていて甘い味がします。
  • 疲労感: 細胞にエネルギー源であるブドウ糖が届かないため、糖尿病になると疲れてイライラします。
  • 視界がぼやける: 血糖値が高くなり過ぎると、眼のレンズから水分が抜き取られてしまいます。(血糖値が高くなると血液の浸透圧が高くなるために、眼のレンズの体液から水分だけが血液中に移動することで、血液と眼の体液の濃度の均衡を保とうとするということでしょう) これによって、眼の焦点を合わせる能力が損なわれます。
  • 嗅覚障害: 糖尿病により匂いを識別する能力が損なわれることがあります。 嗅覚障害はアルツハイマー病の初期症状の1つでもありますが、2型糖尿病はアルツハイマー病などの神経変性疾患のリスク要因です。
  • 傷の治りが遅く、感染症にかかりやすい: 糖尿病になると、傷を治したり感染症に抵抗する能力が低下します。
  • 肌が部分的に黒ずむ: 一部の糖尿病患者では、肌と肌がこすれる部位(脇の下や首)にビロード状(滑らかで光沢がある)の黒ずみが見られます。 これは黒色表皮腫と呼ばれる病気ですが、インスリン抵抗性の兆候である可能性があります。