「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

体質的に2型糖尿病になりやすい人もそうでない人も食生活を改善すると良い

(2018年6月) "Genes & Nutrition" 誌に掲載されたルンド大学(スウェーデン)などの研究によると、遺伝子的に2型糖尿病になりやすいか否かにかかわらず、食生活の改善が2型糖尿病の予防に有効であるようです。

研究の方法

スウェーデンに住む45~74才の男女2万5千人を対象に、2型糖尿病のリスクに影響する遺伝子群や食生活などを調べ、その後17年間にわたり2型糖尿病の発生状況を追跡調査しました。

そして、遺伝子と食生活のデータに基づいて遺伝子スコアと食生活スコアを割り出して、これらのスコアと2型糖尿病になるリスクとの関係を分析しました。

食生活スコア

食生活スコアは、2型糖尿病のリスクへの関与が明白である次の4つの食品の摂取量から算出しました:
  1. 加工肉(ソーセージやベーコン、ハムなど)
  2. カロリーを有する糖類(砂糖など)が添加された飲料
  3. 全粒穀物
  4. コーヒー
スコアが高いほど食生活が不健康だとみなされます。 加工肉と糖類飲料は摂取量が多いとスコアが加算され、全粒穀物とコーヒーは摂取量が少ないとスコアが減算されます。

結果

追跡期間中に 3,588件の2型糖尿病が発生しました。

食生活スコアも遺伝子スコア(スコアが高いと遺伝子的に2型糖尿病になりやすい)も、スコアが高いほど2型糖尿病になるリスクが増加していました。

スコアが最高のグループと最低のグループで2型糖尿病になるリスクを比べたとき、食生活スコアが最高のグループは40%のリスク増加および遺伝子スコアが最高のグループは67%のリスク増加でした。

食生活スコアと遺伝子スコアの両方が最高のグループは両方が最低のグループに比べて、2型糖尿病になるリスクが149%増加していました。