「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

2型糖尿病の患者がカシューナッツを食べると...

(2018年1月) "Journal of Nutrition" に掲載されたハーバード大学などの研究で、2型糖尿病の患者がカシューナッツを食べると血圧が下がりHDLコレステロール値が増えるという結果になりました。

研究の方法

インドに住む2型糖尿病の成人患者300人(平均年齢51才、55%が男性)を被験者とするランダム化比較試験において、被験者を2つのグループに分けて一方のグループにのみカシューナッツを12週間にわたり毎日30g食べさせました。

結果

12週間にわたりカシューナッツを食べた後には食べる前に比べて、収縮期(最高)血圧が4.9mmHg下がり、HDLコレステロール値が1.7mg/dL増えていました。

カシューナッツを食べなかったグループでは、この数字は1.7mmHgと0.1mg/dLでした。

HDL以外の血中脂質値・体重・血糖値関連のパラメーターに関しては両グループで差が見られませんでした。