アンチ・エイジングに効果がある運動の種類?

(2018年11月) ドイツで行われ "European Heart Journal" に掲載された研究で、持久運動(走るとか)でテロメア(染色体の末端部分。細胞の老化の指標)の長さが回復するけれど筋力トレーニングでは回復しないという結果になりました。

研究の方法

運動習慣が無い30~60才(平均は50才ぐらい)の男女124人を次の4つのグループに分けて半年間を過ごさせました:
  1. 持久運動(ランニング)をする。
  2. ダッシュとジョギングを織り交ぜたインターバル・トレーニングをする。
  3. 筋力トレーニング(8種類の器具を使って各所の筋肉を鍛える)を行う。
  4. それまで通りの運動しない生活を送る。

グループ1~3の運動量は、1週間あたり45分間×3回というものでした。

結果

グループ1グループ2は、運動を続けた半年間の前に比べてもグループ4と比べても、テロメラーゼ(テロメアの長さを回復する酵素)の活性が増大しテロメアが長くなっていました。 グループ3では、こういうことはありませんでした。

解説

研究グループによると、運動によるテロメア長の回復には血管中の一酸化窒素の量が関係している可能性があります。 筋力トレーニングと持久運動との効果の差も、これが原因かもしれません。